英会話能力のなさを痛感!英語の成績が良かった私の海外旅行

家族でハワイ旅行に行ったとき、自分の英会話能力のなさを痛感しました。ちなみに、私は28歳の女性で教育関係の仕事をしています。

その時は初めての海外旅行だったので、とてもうきうきしていました。英語は中学・高校のときはかなり得意で成績も良かったので、旅行先での簡単な英会話くらい大丈夫だろうと思い、家族にも「私に任せて」と得意気に言っていました。私の家族はみんな、英語に疎かったので。

自信満々で行った海外旅行。いざ英語を話そうと思ったら・・・!?

ハワイ初日の夜には、ハワイアンショーを楽しみながら夕ごはんを食べました。そこのスタッフは外国人でしたが日本語が堪能なため、特に困ることはありませんでした。

しかし、その翌日私たちの部屋にやってきたホテルのルームキーパーの女性は英語しか通じませんでした。

母に「今から出かけるから、その間に掃除お願いします」と英語で言ってと頼まれたのですが、突然だったので私は頭が真っ白になってモゴモゴしてしまいました。その時ルームキーパーの女性が「今じゃなくて後の方がいいですか」と聞いてきたので、「イエス、プリーズ」と咄嗟に返事をしてしまいました。私の言葉を受けてルームキーパーの女性は「オーケー」と言い、部屋を出て行きました。

「出かけるんだし、今掃除してもらえばいいのに」と母に小言を言われてしまい、自分の失敗を痛感しました。情けないやら悔しいやらで、胸がいっぱいになってしまいました。

英会話もスポーツと同じ!能力を発揮するには練習が必要!

相手の英語を聞いてある程度理解することはできたのですが、いざ自分が話すとなると頭の中で文を組み立てるのに時間がかかってしまい、しどろもどろになってしまうのです。日本語と英語は語順が違う点が一番のネックでした。

英文法や単語など英語に関する知識はあっても、運用するのは難しいなと感じました。ちゃんと英語を話すためには、スポーツのように日頃からの鍛錬が必要なのだなと実感しました。ウォーミングアップができていないのに力を出そうとしても、能力を発揮することはできませんから。

英語で話す機会は自分で作れる!効果も実感!

この経験は私にとって苦いものでしたが、「英語や外国語を上手に話せるようになりたい!」と強く意識させてくれるきっかけにもなりました。英語の勉強はさんざんしたので後は実践だけが不足しているのだと思った私は、英語で話す機会をなるべく作るようにしました。大学に来ている留学生と話してみたり、ネットで日本語と英語の交換授業をしてみたり、英会話カフェに行ってみたりと、色々なことにチャレンジしてきました。その効果のおかげが、前よりは言葉がすっと出てくるようになりました。今なら、ルームキーパーさんに伝えたいことが言えるような気がします!

 

★まずは口に出すことが大切です!トラベル英会話ならこの教材ですぐにアウトプットできます!

>>Hapa英会話 体験談!評判・口コミ