英語の習得に必要な勉強時間の目安

イングリッシュ王子です♪

突然ですが、
英語って何時間くらいで習得できると思いますか?

もちろん人によって違うだろうなってことは分かります。でも一般的な勉強時間目安があったら知りたいですよね。

マラソンで例えるなら、ゴール地点が分からないとペース配分もできないし完走すらあやしい・・・そんな感じです。

そこで今回は、英語を習得するのに必要な勉強時間目安について解説したいと思います。

あなたにとって英語の習得とは?

その前にまず、あなたの英語の勉強のゴールはどこでしょう?

英会話?TOEICで高得点?受験?今は受験突破が目標だけど、後々は英会話がゴールという方もいると思います。

まずは現在のあなたのゴール地点をはっきりさせてくださいね。自分がなぜ英語を勉強しなければならないのか?については、こちらの記事「社会人が英語を勉強する理由とは?」も参考にしてください。

今回の記事では「日常レベル英会話の習得」をゴールとして話をすすめます。

最低でも2400時間という説

日常英会話の習得にかかる勉強時間を調べてみると、必ずと言っていいほど引き合いに出される資料があります。アメリカの政府機関であるForeign Service Instituteが公表した「外国語の研修成果と学習時間に関する資料」という文献(1973年のずいぶん古い資料)です。

資料の詳しい内容は割愛しますが、要約すると「英語を母国語とする優秀な人たちが、日本語を習得するのにかかった勉強時間は平均2400〜2760時間でした」という研究報告です。そして、この結果を引き合いに出して言われる結論は大体こうです。

英語を話す頭のいい人たちが日本語の勉強に2400時間かかるんだから、逆を考えれば、日本語を話す普通の頭の人英語の勉強に2400時間以上はかかる

と。

最低でも2400時間かぁ、語学の勉強だから仕方ないよなぁ。

一見すると「なるほど」と思いそうになりますが、この説には大きな誤解があると僕は考えます。それは英語と日本語の背景の違いです。

英語は移民の言語という背景をもち、様々な国の人たちが無理なく習得できたから世界の通用語になりました。逆に日本語は他民族と交流の必要がなかったため、主語すら省略できるような独自の言語です。つまり、英語は日本語よりも習得しやすい言語なのです。だから上記のような単純な逆パターンは成り立たないと思います。ゆえに、日本人が英語の習得に最低2400時間かかるというこの説は無理があるでしょう。

 380時間という説も

「王子!けっきょく何時間で英会話は習得できるのですか?」

・・・ですよね~(^^;)
ではもう一つ説を紹介しましょう。

じつはヨーロッパには、域内の外国語教育水準を保つために共通の枠組みがあります。(参照:新しい英語教育への指針―中級学習者レベル「指導要領」/大修館)

それによると、

日常英会話レベル(Threshold Level と呼ばれる)に必要な単語数はおよそ1,500 語で、必要な勉強時間は380時間が標準。

とされています。

つまり、380時間くらい勉強すると日常英会話ができるのが標準的なんですね。実際、ヨーロッパの英語を母国語としない国の中学生は、個人差こそあれ、この教育方針の下で日常英会話レベルに至っているようです。

でも、日本では中学・高校の6年間で英語の授業は962.5時間です。(参照:文部科学省/学習指導要綱/2014)
380時間はすでに超えていることになりますが、多くの人が話せませんよね・・・。

じゃあこの説も間違っているのか?と言うとそこは疑問の余地がありそうです。なぜなら、日本の英語教育のやり方に問題があるとの見方もできるからです。

イングリッシュ王子のまとめ

以上をまとめます。

英語を習得するのに必要な勉強時間の目安は、380時間から2400時間の間にありそうです。
でも同時に、やり方によっては時間をかけても話せないという問題もあるようです。

ただ僕個人の感覚で言えば、380時間が目安の説は現実味があると思います。その理由を説明しましょう。

僕は「中学レベル+30時間でOK」という教材で話せるようになったのですが、じつは「中学の英語の勉強時間+30時間=380時間(※)」になるんです。やり方の違いや個人差もあると思いますが、ちょうど380時間という偶然の一致は興味深いです。

世の中にはTOEICスコア900点を目標に1000時間以上努力している人が大勢います。ゴールによっては2400時間を目安にするのもぜんぜん悪くないと思います。
でももし、あなたのゴール地点が日常英会話であれば、効率重視の勉強法で380時間を目安にしてみてはどうでしょうか?

(※)中学校の英語の授業は文科省によると3年間で263時間、家庭学習で1日平均5分でも英語を勉強すれば91時間ですので、合計は263+91+30=384時間となります。

イングリッシュ王子

僕が話せるようになった「中学レベル+30時間でOK」という教材はこれです。
>>酒井式 Simple English /Magic81 体験談!評判・口コミ