音読をひたすら毎日1時間以上すれば英語は上達する!

42歳でアパレルメーカーのバイヤーです。

私はあるとき英語教室の先生と知り合いになりました。そこで英語の能力をアップさせる勉強法を1つ教えて欲しいとお願いしたことがありました。

 

英語の達人がすすめたのは長時間の音読

するとその先生から「とにかくひたすら長時間の音読をするように」とアドバイスを頂きました。その先生は日本のかたですが、英検1級TOEIC満点など、英語の資格はほとんど取得していたので説得力があると思い、私はアドバイスどおり真似ることにしました。当時の私は仕事上、外国人と話す機会が増えてきたので、どうしても英会話を上達させたいというのが背景にありました。

じつは音読には2種類あり、じっくりと細かく読む精読と、スラスラと概要を理解することを重視した速読があります。私は、その二つの音読を選んだわけですが、英語を書いたりするのは苦手ですし、嫌いだったので、音読なら継続できるかなと思い、1つ推薦して頂いた勉強法に音読を採用したのです。この音読では、最低1時間、ずっと音読するというのが絶対条件になっています。

 

中学レベルの英会話なら十分すぎるほど効果的!

精読と速読の音読を始めてから2ケ月もすると、たしかに英会話に変化が生まれて来たのです。会話の内容はそんなに変わらないのですが、英語脳に近づいているのか、レスポンスが凄く速くなっていたのです。日本語で考えるのでなく、すぐに英語で考えて英語で答えられるようになっていたのです。音読の勉強法は、英会話にとても効果的だと言えます。中学生レベルの英会話レベルであれば、音読の勉強法で充分なほど話せるようになります。

良かった点は、このように日常的な英会話であれば、意思を伝えるレベルであっても、ある程度は簡単にこなせるようになる点です。悪かった点は、悪いというよりも、更にレベルアップさせるには、やはりもう少し地道に単語や熟語、そして新しい表現方法を覚える必要があります。私の音読法では、難しい英単語や英熟語などが出てくると、そう簡単に習得は難しいです。音読でも、シャドーイングやディクテーションをやるなどしないと、自分の意思をしっかりと伝えられるレベルまでにはなれないです。ですから、読むだけの音読ですと限界はあります。

 

まずは英語の勉強を習慣化することがポイント

英語を勉強する上で、一番ポイントとなるのが、まずは、自分が出来る勉強法、自分が出来そうな勉強法から取り組むことです。そうでないと、なかなか継続して英語を勉強することが困難です。英語を継続できる環境作り、習慣が出来たなら、新たな勉強法にチャレンジするのが効果的だと思います。

本当は、スピーキング、リーディング、ライティング、リスニングの全てが揃って英語になるわけですが、最初から全てをやろうとすると挫折してしまうので、これから英語を勉強する人にアドバイスするなら、半年は継続できる勉強法をまずはやってみることです。習慣さえ身に付けば、次にどんどん進めますから進歩も早いです。

あとは、どんな勉強法であっても、一日最低30分はして欲しいです。継続する為のトレーニングとして一日10分を毎日するのは構いませんが、これを永遠としていても英語は上達しないです。

イングリッシュ王子
習慣化が一番難しいことですね。初めはなるべくシンプルな勉強法が良いです。81文を暗記するだけのこの教材はおすすめです。
>>かけ算九九のように81文を暗記するだけで英語は話せるか?