英語をマスターした芸能人!安藤美姫さんの勉強法は?

イングリッシュ王子です♪

今回の芸能人はフィギュアスケーター「安藤美姫」さんです。インタビューなどで見る安藤さんは海外メディアからの質問にも通訳なしで答えていますよね。流暢に英語を話す姿にはとても憧れます。そんな安藤さんも18歳まで英会話は全くできなかったそうです。一体どのようにして英語を身につけたのか、気になるエピソードとともにその勉強法を紹介していきます!

安藤美姫さん流!英語勉強法のポイントは何か?

8歳でスケート教室に通い始めてから6年後には国際大会で優勝するなど、世界を舞台にした活躍で知られる安藤美姫さん。高校卒業後にアメリカへ渡ったのですが、しばらくは英語の必要性を感じなかったそうです。しかし英語が話せなかった当時の彼女は、コミュニケーションに言葉の壁を感じて悩んでいたようです。それを察したのか、当時のコーチから「英語を話せれば世界レベルの選手として視野が広がる」とアドバイスを受けたのがきっかけで、安藤さんは本気で英語を勉強し始めます。実際、英語を覚えてからは各国の選手とも交流ができて海外の文化に理解が深まりスケートの演技レベルも上がったそうです。

そんな安藤さんの英語の勉強法は、会話から生きた英語を学ぶという実践主義でした。これは海外生活ならではの勉強スタイルですが、そうでなくたって「洋画や海外ドラマでも生きた英語にふれられる」と彼女は語っています。また安藤さんのインタビュー動画などを見たことがあれば気付くと思いますが、彼女の英語はとても流暢です。リズムと抑揚が非常に上手なのが理由の一つですが、このような英語は相手に伝わりやすく実用的です。このことについても安藤さんは「自分の感情をはっきりさせて話すことがコツ」だと言っています。さらに安藤さんもとくに苦労したという「L」と「R」の発音の区別も英語が流暢に聞こえるポイントですね。

イングリッシュ王子のまとめ

僕は今まで、プロスポーツ選手は自分を出していくのが得意な人ばかりだと(勝手に…)思っていたので、安藤さんがコミュニケーションで悩んでいたというのは意外でした。でも持ち前の根性と努力で克服するあたりはさすがプロ選手ですね!世界から見れば日本人は感情を表に出さないと見られています。英語は自分を伝えて相手を知るためのコミュニケーションの道具だと意識して、英会話の勉強ではもっと積極的に英語を声に出していきたいですね。まず自分を伝えようとすることが生きた英語の始まりなんだなと思いました。

イングリッシュ王子
洋画や海外ドラマで生きた英語を勉強する方法について書いているので参考にしてみてください。
>>海外ドラマ・映画での学習法は?英会話おすすめの勉強法!

★英語ができる芸能人の勉強法と英会話習得のポイントをまとめました!
>>芸能人の英語勉強法まとめ